電話応対の「折り返し」! あなたは、何分後をイメージする?!

電話応対の「折り返し」! あなたは、何分後をイメージする?!


仕事だけでなく、プライベートでも電話で話す機会が減っています。
電話に代わりメールやオンライン・LINEでのやり取りが多くなり、
携帯の電話が鳴ると「ドキッ」とすることがあります。

 

実際、春先に行う新入社員研修では、電話応対の時間は戸惑う人多数。
個人に1台スマホを持つことが当たり前の今、
自宅の固定電話に出ることも、
かけることもしない。
なので、どうやって電話に出るか分からない。

 

電話応対ロールプレイングを行うと、
「もしもし〇〇株式会社▲▲課の××です」と対応する人多数。
講師より「もしもし」はNGだと伝えると、
「えっ?!」
「じゃ、なんて出ればいいの?」とキョトンとしています。

 

さて、ここまでは10年前にもチラホラ怪しい対応をする人はいましたので驚きはありません。
しかし、「折り返しします」の場面では、10年前と今とでは少々違います。

 

そもそも、「折り返します」を伝える場面は2つ。
●担当者が不在(他電話に出ている含む)
●即答できない

 

さて、あなたが電話を掛けた側だとして、相手から「折り返しします」と言われたら、
あなたは何分以内に折り返しの電話があると考えますか?

以前であれば5~10分以内と答える人が圧倒的に多かったです。
しかし、最近は30~60分と答える人も多く、なかには本日中と答える人もチラホラ。
おっとりしている若者が増えているのかもしれません。

 

ですが、自分の捉え方で何事も進めてしまうことはトラブルのもと。
令和の電話応対としては、
「上司に確認し、折り返しお電話致します」
「大体30分後位になります」
と、お待たせする時間を伝えしましょう。

関連記事

接客コンテストの審査員が思う「惜しいなぁ」と思う人

接客コンテストの審査員が思う「惜しいなぁ」と思う人の画像

接客コンテストの審査員が思う「惜しいなぁ」と思う人

2024年7月17日 今年も『全国NO1の販売員』を目指し多くの皆さんが接客ロールプレイングコンテストへ挑んでいます。
毎年150名以上の審査をさせて頂いておりますが、毎回購買意欲を刺激さ...

コーチングよりもティーチングをお薦めする理由

コーチングよりもティーチングをお薦めする理由の画像

コーチングよりもティーチングをお薦めする理由

2024年6月20日 弊社は代表者がフリーで活動している時代から、一般社団法人日本ショッピングセンター主催の全国接客ロールプレイングコンテスト審査をさせていただいていることや、トレーナーや...

トライアンドエラーとゼロリスク世代

トライアンドエラーとゼロリスク世代の画像

トライアンドエラーとゼロリスク世代

2024年6月4日 先月某企業様にてワークを中心とした研修を実施。
一つ目のワークは「ドミノ倒しゲーム」。
チームミッションは、「どこのチームよりも長くドミノを倒す」
つまり、どれだけ長く...