SC協会接客ロールプレイングコンテスト審査員だから伝えられる審査ポイント

接客ロールプレイングコンテスト審査を終えて@SC協会 東京大会初日

一般社団法人日本ショッピングセンター協会主催「第27回SC接客ロールプレイング東京大会」審査を昨日終えました。
SC協会としては、今年度に於ける初のコンテスト。
※関東甲信越大会、九州大会は緊急事態宣言により延期

 

コロナ禍での募集ということもあり、例年と比べると約6割程度の参加状況。
販売歴20年以上のベテランから僅か3ヶ月の新人まで、総勢23名の競技者を審査させて頂きました。

 

コロナ感染対策としては、会場への入場制限、声援NG、マスクは不織布マスクを着用(お客様役はマスク+フェイスシールド着用)、アルコール手消毒、検温以外に、お客様役(俳優)・審査員・スタッフは前日に抗原検査を行うなど、これまでとは大きく異なる環境下で行われました。
※表彰式は無し(翌日協会WEBサイトにて発表)

 

とは言っても、競技者の皆さんにとっては一世一代の舞台。
手が震えてしまう、声が震えてしまうなど、緊張しながらも競技時間6分を精一杯頑張っている姿に審査をする私も自然と力が入ります。

審査を通じて大きく感じた以下2点。
●笑顔と音声表現がある接客は、やっぱり強い!
●スペック(機能)を魅力的に伝えることができる人は強い!
※近日中に、SC協会WEBにて講評が載ります。ご興味のある方は、ご覧ください。

 

「選び抜いた商品をお客様のニーズに合わせて提案する」
言葉に出すことは簡単ですが、実際にやるには難しい。
これが接客です。

・お客様の声よりも、自分が勉強してきたコトをい一方的に伝えてしまう
・商品の特徴を魅力的に伝えるよりも、コーディネート提案に力を注いでしまう
・目の前のお客様よりも、練習してきたセリフを重要視してしまう

 

などなど、シンプルにはいきません。
その一番の要因が、「時間」です。通常の接客では、時間に左右されることは殆どありません。
しかし、コンテストは競技時間を6分間(物販)としています。
普段の接客をギュっと6分間におさめることは難しいです。

しかし、上位にくる方々は、6分間を見事に使いこなします。
マナーは勿論ですが、ニーズを入手し、その商品の魅力を伝え提案し、クロージングをする。
そうです!日頃の接客からお客様の声を聞いているのです。

 

これからの売場は、これまで以上にお客様に寄り添った接客が求められます。
コンテストに関係なく、ロールプレイングを自分たちの接客レベル向上に役立てて欲しいです。

 

 

関連記事

第28回SC協会主催 接客ロールプレイングコンテスト関東甲信越大会

第28回SC協会主催 接客ロールプレイングコンテスト関東甲信越大会の画像

第28回SC協会主催 接客ロールプレイングコンテスト関東甲信越大会

2022年9月11日   先週どこよりも早く「接客ロールプレイングコンテスト関東甲信大会」が開催されました。
昨年よりも多くの商業施設が参加されていますが、コロナ前と比べると、まだまだでし...

ペッパー君の接客

ペッパー君の接客の画像

ペッパー君の接客

2022年9月5日
今日は「ペッパー君」の接客について書きます。
ペッパー君と聞いて、直ぐにあのロボットが浮かぶ人も多いと思います。
そうです!あのペッパー君です。
開発は2014年6月...

コロナ禍のクレームは、男性が7割?!

コロナ禍のクレームは、男性が7割?!の画像

コロナ禍のクレームは、男性が7割?!

2022年8月16日   弊社クライアント先では、コロナ前と比べ理不尽なクレームが増えています。 ●レジで「聞こえない!もっと大きな声で言え」
●マスク着用をお願いすると「うるさい!喋って...