アタマを柔らかくすることが成功の一歩

アタマを柔らかくする?!

URL:http://toyoeda.jp

     未知なる可能性が広がる

今年も残すところあと10日あまり。早いですね。
そして、未だコロナ終息も見えないまま年を越す現実。溜息しか出ません。
多くの方が2020年は、これまでとは異なる生活様式に戸惑い、不安を感じたのではないでしょうか。そんな中、「これは凄いな!」と関心してしまったのがzoomです。

●昭和の私は、人は会って話すことが一番!
●研修は、直接受講生を見て熱を感じて行うことが絶対だ!
●パソコン画面でのコミュニケーションなんてダメでしょう!

なんてことを堂々と宣言していた私ですが、ネット環境を活用しなくては立ち行かないようになりzoomを活用。
周囲の方と勉強会を重ね、オンライン教室で学んだりしながら機能を習得。そして、大きく考えが変わりました。

●双方の環境が整えば、リアル同様のコミュニケーションが可能になる
●研修も講師の技術次第。オンライン用のワーク、トレーニングも繰り返し出来て便利
●オンラインでも十分コミュニケーションを取ることは出来る(注:人数が多いとコミュニケーションの質は低下)

この結果に、自分が一番驚いています。
そして、この経験をしたからこそ「アタマをやわらかくすること」=「思い込みは禁物」は、大切だなぁと痛感させられました。年齢を重ねると、当たり前ですが経験も増え同時に、成功体験も生まれ、好むこと、好まないことが出現します。すると、いつの間にか好まない事=苦手なことへの恐怖心が芽生え避けて通るようになります。しかも、年齢を重ねている分、言い訳も上手になっているから質が悪い(笑)
ある本にありましたが、頭が固い人よく使うことが3つを紹介していました。
「絶対」
「必ず」
「100%」

一見すると何故?と思いますが、言葉と思考は繋がっています。固い言葉を使うことで、思考も固くなるそうです。では、どんな言葉を使うと良いのか。

「ありがとう」
「きにしないで」
「少しくらいなら大丈夫だよ」
「小さなことが始めてみようよ」
「たまには、失敗することもいいじゃない」 等々

脳をリラックスする言葉は、癒し効果があるそうです。
確かに、脳がリラックスしていないと良いアイディアは生まれませんよね!

信念を持つことは必要であり重要ですが、柔軟性を欠くと裸の王様になってしまいます。
時にバランスが難しいですが、コロナ禍は人類が初めて遭遇することばかり。これまでの経験が通用しない、経験が邪魔をすることもあります。だからこそ、「アタマを柔らかくすること」が求められると思うのです。

関連記事

コロナ禍 新入社員 入社式 ハラスメント 今年の新入社員

コロナ禍 新入社員 入社式 ハラスメント 今年の新入社員の画像

コロナ禍の社会人1年生の特徴?!

2021年4月1日   リクルートマネージメントソリューションズアンケート動画より   本日4月1日は会社近くの青山大学では入学式が執り行われ、キラキラした生徒さんと一眼レフカメラ...

小売に求められるクロージング クロージングスキル

小売に求められるクロージング クロージングスキルの画像

クロージングについて

2021年3月26日 この季節、都内のあちらこちらに桜の木があることが気付かされます。
この写真は、会社から近い善光寺。桜が満開でキレイですね。
さて、心地良い季節の中、私は頭を抱えてい...

部下指導 部下との関係 嫌いな部下 苦手な部下

部下指導 部下との関係 嫌いな部下 苦手な部下の画像

私のアパレル店長時代 ~ソリが合わない部下指導~

2021年3月18日 いつの時代も上司と部下の関係は難しいものです。 私が初めて「上司」となり部下との関係に悩んだのは、前職であるアパレル時代。
これまで一緒に頑張ってきたスタッフ3名と、...