飲食店はメニュー説明でファンづくり

飲食店はメニュー説明でファンづくり

私は外食をするようにしています。商業施内設レストラン、大手チェーン店、個人オーナー店、業態を決めず年間250店舗(カフェ含む)以上足を運びます。
街中でフラッと入る店もありますが、沢山ある店から悩んで悩んで1つに絞り込み、どんな料理をにするか、どんなお酒を合わせるか等々、ワクワクしながら店へ行きます。けれど、「あれ?」「あれ、あれ?チョッと違うかなぁ?」と、思う頻度が年々増えています。

①最初の「あれ?」
「えっ?何言っているのか分からない・・・・」 店員さんのメニュー説明。
その要因は、①早口 ②抑揚が無い ③お客様の反応を見ていない マニュアル説明。

②次の「あれ?」
料理提供時に料理名だけしか言わない店員さん。
「本日のこちらの野菜は~」「こちらは、塩を付けて召し上がると~」等々、プラスアルファの一言が無い。自店のこだわり(=売り)を伝えない

毎日同じことを何度も伝えているうちに、いつの間にかロボットになっているのです。
人員不足問題が解決することが無い現在、疲弊しているスタッフが多いことは承知しています。だからこそ、1人でも多くのお客様にリピーターになってもらうことが重要です。だって、笑顔で「こんにちは!」「わぁ~、久しぶりです」「〇〇さんの顔見に来たよ!」なんて、挨拶ができるお客様が増えるだけで仕事が楽しくなります。勿論、売上も↑↑
先ずは、メニュー説明から本気で伝えてみましょう。

関連記事

売れる販売員のつくり方

売れる販売員のつくり方の画像

誰でも、売れる販売員になれる!

2022年6月20日   今月はリアル研修が多く、関東近郊、長崎、大阪と出張が続いております。
リアル研修が増えると現場で活躍しているスタッフが、どんなことで悩んでいるのか、どんなことに不...

売れる販売員を育てる

売れる販売員を育てるの画像

「コロナ禍だから売れない」これ違うと思います!

2022年3月11日   最近、友人や仕事先で交わされる言葉。
「どこにも行けないので洋服買うことが減りました」です。
「最後に服を購入したのはいつですか?」と質問すると、
「ネットでは購...

300円ショップの底力

300円ショップの底力の画像

300円ショップの底力

2022年1月17日 オミクロンの猛威に恐怖を感じつつ、先日原宿エリアを探索しました。
コロナ禍、このエリアは多くの店舗が撤退。 「あれ?ここは〇〇店があった場所」
「あれ?ここは確か××...