日本企業も「ジョブ型」が増えるのかしら・・・

日本企業も「ジョブ型」が増えるのかしら・・・

リモートワーク ジョブ型 

    専門性の高い人材が求められる

最近、ドキッとするCMが流れています。

経営者の皆様へ
社員に通勤を頑張らせることは、本当に必要でしょうか?
頑張るな、日本!(サイボウズ株式会社)

東京は感染者が200名を超える日々が続き第2波が懸念されている今、考えさせられるCMです。
緊急事態宣言が解除され通勤を再開されている方も多いでしょうが、一方でリモートワークも徐々に増えているように感じます。

このリモートワークにより「仕事をしている人」「仕事をしていない人」、「仕事が出来る人」「仕事が出来ない人」が顕在化してきているのではないでしょうか。
コロナ前は規定の労働時間に出退勤し仕事をすることが当たり前でした。
遅刻はしないけれど何をしているか分からない人、マネジメントはダメだけれど人がいい管理職等々、必ずどこの会社にも「あ~」と顔が浮かぶ人がいることでしょう。

そして、リモートワーク(テレワーク)により、ぼやっとしていたコト・ヒトがあぶり出されてきました。
喜ばしいコトと思う反面、個人プレーが目立つようになり日本も「ジョブ型」企業が増えてくるだろうなぁと予測できます。仕事に人を合わせていく=より専門性の高い人材が求められるようになるのでしょう。
コロナ前ですが日本経済団体連合会(経団連)の中西会長は「1つの会社でキャリアを積んでいく日本型の雇用を見直すべき」と提言しています。
近い将来オフィスは持たない、新卒採用はしない、という企業が多くを占めるかもしれないですね。ということは、入学することが目的になっている大学生は厳しい現実が待っているかもしれません。大学生の在り方も、海外のようなスタイルなる日も、そう遠くないでしょう。

 

関連記事

コロナ禍の今だから見えてくる!お得様への対応!!

コロナ禍の今だから見えてくる!お得様への対応!!の画像

コロナ禍の今だから見えてくる!お得様への対応!!

あなたの店にとって本当のお得様とは・・・・

活躍している人は「心の回復力」が高い?!

活躍している人は「心の回復力」が高い?!の画像

活躍している人は「心の回復力」が高い?!

「当たり前」が揺らぐ状況は、自分らしい人生を踏み出すチャンス?!

オンラインで教えることの難しさ

オンラインで教えることの難しさの画像

オンラインで教えることの難しさ

オンラインで学ぶことは、指導する側も学ぶ側もスキルが必要